読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

leftoverS

思考、思案の残飯。ようは日記です

色々ありまして

 ほんと自分の身体がこうなると思ってなかったんで・・・

まず出歩けるようになってからは社会的な扱いが色々変わります。最初は、以前の勤め先と話合ってから「全国健保」を「国保」に切り替える必要があること。その際、受け取れる「障害手当て」と「障害年金」の切り替え等、単純な「健康保険の移動」以上に面倒でした。何度、年金事務所へ重い足を引きずったか・・・

もちろん「役所」にも用事があります。素敵な「手帳」もいただけますしね!なんか爺さんのモモヒキみたいなカラーのカッコいいカバー付きでした。もう悪意すら感じ・・・気のせいかな

保険の話に付随して医療負担や車税の変更の申請など「全部良いようにやっとくわ!!」と簡単には進みません。まー国民としてご負担おかけする身体になっちまったんでそのくらいヤリマスヨ。と、役所に通いながら思ってたのが正直なところです。

なんだかんだで退院後一通り片付いたのが2~3ヶ月でした。

私の場合6ヶ月ほど入院生活だったので、「自分で動ける嬉しさ」もあり何とか乗り越えられました。上手動けず話せず苦痛でしたが幼稚な意地もあり「なんとか」です。

もし、こんな僻地のブログに目をとめていただいたなら、身近な方が不自由になった時は「送り迎えして」とまでは言いませんが「話だけでも聞いて」あげてほしいです。気晴らしでも違うものです。

もし不運にも「自分が」そうなってしまったら・・・

それは私が言えることじゃなかったりします;

それは私にとって「こうしておけば良かった」では無く「これからどうするか」です。

まだ旧知の知人に会うのが怖いです。上手く話せない自分を相手がどう思ってるか不安もあります。

 

とまぁ現在進行形の私が「悟ったどー」とドヤ顔で言えることはありません。一日一回は笑えるようになりたいですね。

 

グチグチ長文になりましたが、これにて。

ちょっとスッキリ